貴銛 - ANAMORI -

アクセスカウンタ

zoom RSS 魚影の濃すぎる日

<<   作成日時 : 2009/03/09 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1ヶ月ぶりの海。
ま、正確にいうと銛もって自由に潜れるのがってことですが・・


いつものポイントへ
水温は17℃とやや寒いが瀬戸内と比べるとなんてことはない。
なんとなく予感がして(単純に右側の地形が好きなだけ)、右側から攻めることにした。


雨が続いたせいか、表面が若干の白濁り
波のせいもあるのかキビナゴはかなり接岸気味で回遊魚はあまり期待できないか〜・・
そう思いつつ泳ぎだす。

1月ぶりなので慣らし程度に空潜りをすると
んん、黄色いラインの入った流線型!?
ブリブリ射程外を回りだす・・

気を取り直してもう一度、

またもブリブリ・・

水面でもブリブリ、底でもブリブリ。

なんなんだ今日の魚影は・・潜るたびに寄ってくる。



しかし、水面でも時たま寄ってくるが水面撃ちができるほどまでは寄ってこない。
今日は、底で寄せて勝負だ!!

15分ほど寄せを繰り返し、ついにチャンス到来か
これまで、何度となく姿を見せる回遊魚がようやく射程内ギリギリまで寄ってきた・・

70cm程度、10匹ほどの群れ
着底するとまもなく左側からゆっくりと寄ってくる

岩にしがみついたままゆっくりと銛を引き絞り照準を合わす。

そして見事に空振り・・
ああああ。


しかし、一瞬逃げるものの、完全に離れていく様子もなく
まだチャンスありか??と思いすぐさま水底で銛を引くと今度は別の群れが右側から回ってきた。

若干気づくのに遅れたものの何とか銛を回し、照準を合わせた。
頭には届かないもののキルショットは狙えるか!?

ワンダッシュと同時に銛を撃つと中心やや背側に命中、しかしキルは外した。
暴れる魚体を見るとチョッキが貫通したのが目に見えた。
しかし貫通はしたが、チョッキが抜けきっていないため背身に食い込んだようだ。

一気に浮上をかける

が、やばい・・ぜんぜん浮上しない・・

いや、徐々に浮上できているものの、ウェイト7kgは重たいっすね・・

チョッキも身にめり込み身切れの心配もあったので、すぐさま銛からラインに持ち替え浮上する。
水面まで浮上し、ゆっくりとラインを手繰り寄せる・・

画像


徐々に寄せてくると・・意外にでかいのか?

突いたときは70UPくらいかと思っていたがそれよりもでかく見える。

もう一度押し棒だけで突こうかと考えたが穴が増えるのもちょっと嫌だし、強引に引き寄せ尻尾をつかむ。ガンガン暴れるも、そのまま足で挟んで押さえつける。冬用グローブのため鰓に指が入らないので脳天からナイフで絞めチェックメイト。



ブリ84cm



への字に曲がった押し棒を直し、再び回遊魚の群れの中へ
また着底しようと潜行すると、岩の上になにやら平べったい旬の魚

しかし、気づくのが遅かった・・
気づいた時には魚を驚かせてしまい、ヒラヒラと深場に逃げてしまった。

落胆するも、少し水面移動するとまた発見。
今度は慎重にと、ゆっくり銛を向けると、足元で何か暴れる!?

しまった2匹いたのに気づかなかった〜
1匹はすぐに深場へ、しかし、もう1匹はやや浅場に逃げすぐに岩の間に着底した。
浅場とはいったものの深度は14,5m程とやや深い。浮上するとその場所がうっすらとしか確認できない。

このまま突こうかと考えたが、ふと思いつきいったん浮上する。

今日はこの前造った短い穴突き用の銛(前の日記参照)を持ってきてたんだった。
いつもはカメラマンの連れに持たせてたので借りようとすると!?

あれ、カメラしか手に持ってない?

さっきまで持ってたよ、ネ??



どうやら落としたらしい・・
しかもついさっきまで持ってたのを自分も確認していたのに・・・
一回も使ってないのに・・・・

ま、ないものはしょうがない。
チョッキの先が潰れるのは嫌だけど・・

なじみの銛で、ゴムは使わず(エロくないよ♪)頭の上から銛を押し込む。
そのまま押さえつけるとヒラメは暴れて押し棒の上まで勝手に上がってくる。
そのまま引き抜くとチョッキがかかり、チョッキ先も潰れずにゲット。

意外に暴れ、しかも重い。

ゆっくり浮上すると若干サンバ気味でした・・。

画像


ヒラメ80くらい


まだまだ回遊魚は寄ってくるものの徐々に疲れと寒さが・・
フロートも重く、フットサルのときに痛めた右足の甲の痛みがひどくなってきたのでこれで帰るか〜

と思い、空潜りをしながら帰るとヒラ社員が一人。

小さいけど、体が反応してしまう。
しっかり狙って・・外す。背ビレを掠めたにもかかわらず再び寄ってくるヒラ社員・・

なんでここのヒラは逃げないんだ、一度撃たれてるにもかかわらず・・・。
すぐに銛を引き直し、今度はしっかり鰓を貫通させ、ゲームセット。

いや、ヒラは獲るべきでなかったっすね・・

画像



ブリ    84cm
ヒラメ   80ないくらい
ヒラ社員 50cm以下


久しぶりの冬の海が最高に熱い海となった1日だった。


しかし、これで魚突きは終わりじゃない。
ここからが本当の戦いだ・・

このポイント、車まで山道を10分程度歩かなければならない。
腰にはすでにウェイト7kg、フィンや銛・工具などをあわせるとこの時点ですでに10kg弱。


そして、獲物。
どう考えても10kg以上あるか。

計20kg以上・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
魚影の濃すぎる日 貴銛 - ANAMORI -/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる