貴銛 - ANAMORI -

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本海突行記 その@ 〜離島前編〜

<<   作成日時 : 2008/10/14 20:38   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今年2度目の日本海
三連休を潜り倒すために遠路遥々やってきた。


10月も半ば、時期ハズレのサンダルを履いた5人組がフェリーに乗り込んでゆく。たくさんの釣り道具を持った乗船客にまじりウェイトを腰に、ロングフィンのはみ出たメッシュバッグ・・明らかに異様な雰囲気の5人組だ。

かなり寝不足ではあったがわくわくして船内でも眠れない。さらに、昨晩に岡山で食べたとんこつラーメンのせいでお腹はゆるゆる・・こんな体調じゃ海で調子悪いだろうな、なんて思っていたら案の定でした。

正午ごろに下船、レンタカーを借り宿に余分な荷物を置き海へ向かう。
ちょっと寄り道し馬と牛糞と戯れるがすぐにエントリー。


予報通りそれ以上に波が高いが、エントリーポイントは内湾のため穏やかである。
波の影響か泥濁りの中、何度か潜ったことのあるクリプト氏の後を追う。
サラシがきつく岸によると危険なため大回りで湾の外に。
湾の外に出ると流れは無いものの波が高い。透明度は悪いとはいうもののそれでも10mくらいは見えている。

そのまま、ついていき、ポイントに着くと底は見えない。
14〜16m程度といったところだろうか・・

そんな中、波が無いときと同じようにクリプト氏は潜ってゆく・・
おかしい、絶対におかしい
3mくらいの波の中、平然と沖にでていき、波酔いもせず、マダイがたくさんいるとはしゃいでいる・・
波の影響で着底しても波で体が揺さぶられじっとしていることすら困難なのに、何事も無いかのように着底しマダイを寄せていた・・。

んん・・、やっぱりまだまだ越せねえ・・

耳の抜けも悪く、寝不足のせいか波酔いもボディーブローのようにじわじわと効いてくる。なによりこの深度(14〜16m)でじっくりと寄せることなんてまだまだできない。少し寒かったこともあり、ここで引き返すことにした。

「先に戻りまーす」

と言って戻ろうとした瞬間、目の前の磯で10mくらいの水柱があがる・・


よくこんな海で潜ってるな・・




進路を沖めに取ながら湾の入り口まで戻るとカマスの群れの中にたまにカンパチが・・40cm程度だが、今晩のおかずにはちょうどいいか〜と思い寄せてみることに。

何度か底にへばりつき寄せてみるがなかなか上手く寄ってこない。

だめかな〜なんて思いながら粘っていると・・
ふと、目の前に2匹の流線型!!

きた!
ヒラマサだ。

1匹が興味心身で一直線に向かってくる。
ブリのブンブンとは少し違い、クネクネした感じだろうか。

じっくり寄せて突いて殺生。
若干狙いを外し、下腹部辺りに命中してしまったがチョッキがしっかりと効いていることがわかり強引に引き寄せ無事回収。

画像


嬉し恥ずかし初ヒラマサは60cm程度。
初魚種のくせにメジャーで図ることもせず、5人の胃袋に消えてゆくこととなる・・

このポイントは観光名所のため観光客が多い
大きーとかすごーいなどと声が聞こえてき、そんな中魚をぶら下げて歩くとちょっとしたヒーロー気分だった。
普段は日の目を見ない魚突きなのでたまに誉められると照れくさいっす(笑)

この他にも珍しいワニゴチ
サンバソウ、マダイ 小さっ、誰だこんなマダイ突いたの!!(笑)

画像


しかし、このマダイが後に化けるとは・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すごぉ〜い!おっきぃ〜い(−−)/===卍やったやん
もくば
2008/10/15 10:20
>もくちゃん
ん〜、嬉しいけどアベレージサイズだよ
さんせつこん
2008/10/15 12:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本海突行記 その@ 〜離島前編〜 貴銛 - ANAMORI -/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる