貴銛 - ANAMORI -

アクセスカウンタ

zoom RSS 鍋、鍋、鍋

<<   作成日時 : 2009/11/02 01:57   >>

トラックバック 0 / コメント 11

さて、と

久々に更新しようと思いまして
前回の日記を確認したところ
すでに1ヶ月以上放置プレイだったんですね・・。

ま、そんなこったでサクッと更新していきます。


風邪気味でなんとも目覚めの悪い朝、時計はすでに9時半。
天気予報は午後から雨
さて、今から3時間かけて潜りに行くべきか、否か・・

と、一応悩んだふりをしても結局は潜りに行くのですが、
出発できた時間が10時回ってました。


お昼頃、まだ目的地に着かずに途中のコンビニでうだうだしていると
早朝から潜っていたFM氏から
「流れ有り、濁ってますよ」
とのメールが・・

んー、現地周辺のダイビングサービスの情報や海水温分布を
見るからに、透明度は回復しているはずだと考えていたけれど
予想はずれか。

ま、しょうがない。
ここまできて今更戻れるかっ!!
てなことで雨の中、回遊魚ポイントまで車を走らせる。


防波堤から覗き込むとやはり濁っている
が、実際にエントリーしてみると
きつい白濁りが水面を覆っているが中は比較的見える。

サメが怖いながらも単独で沖まで泳ぎだすと
徐々に視界が開けてくるではないか・・。
全体的に白濁りがかかっているものの
10m以上は抜けている。

途中、何度か40cm程度のブリの群に回られ
狙ってみるが、ちょろちょろと泳ぎ回る小さな的には当てられず

そんなこんなで沖まで泳いでいくが・・暗い。
厚い雨雲のおかげで水中は真っ暗・・。
なんとも薄気味悪い海中に
単独では流石に心が折れそうになるが

あれ?

岸から見覚えのあるフロートが泳いでくる!?
近寄ると子守で潜れないはずのじゅんさんでした。
ああ、あなた子守は放棄ですか?(笑)

まあなんでもいい
これで心が折れずに済む。



そして、そのまま二人で沖のドロップに添って潜りはじめる。

魚影は濃く、ヤズ(ツバス)の群に混じって
単独のカンパチや60cmオーバーの石鯛も
そしてやたら多い小振りなスジアラ・・

オオモンハタほど数は多くは無いが
数回潜行すると40cm弱の個体が必ず目に入る。
とりあえずその中から大き目のを間引こうかと潜行すると


あれ?

良く見るとアカハタでした。


いやまあ、本当に見間違えたわけではないですよ。
最初からアカハタもいたのに気づいてなかっただけですよ。


ま、ここでアカハタゲット。
さらにじゅんさんが見つけたやや大きめのスジアラを横取りし
これで鍋の具材2品目

さらに岸へ戻る途中、何気なく空潜りして
着底すると、真横に、オオモンハタがじっとこっちを見ている。

50cmは有りそうだったので
じっくり狙って銛を放つと久々に決まったキルショット!!

ここでオオモンハタゲット。


画像


水温24℃
突果 アカハタ、スジアラ50cm程度、オオモンハタ50cm程度

久しぶりにイシダイの刺身が食いたいなと思ってたんですけどね

鍋の具材ばかりですね。
そんなわけで、鍋、鍋、鍋。


しかし、なんで石鯛が寄らないのか・・
きっちり寄せてるつもりなんですがね
まさか誰かがスレさせてるんじゃ・・
なんてね♪

まあ、またそのうち突いてやる!!



潜り終わって腹だしを終え、着替え終わると
あたりはすでに薄暗くなっていた。

画像


ほぼ満月・・
潮が流れるわけですね
沖に向かっての流れに逆らって帰ってくるのがつらかった・・。
病み上がりの身体には少々きつい水面移動でした。

ああ、ほんとに疲れた。

おしまい。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
にら君と二人で「かったんはよぉつくのぅ〜」といってたのさ。週末に。
もくば
2009/11/03 18:44
>も
そんなことないっすよ♪
さんせつこん
2009/11/04 01:45
お土産、ありがとございました(・∀・)
次は手ぶらじゃなくなればいいな…
ひこ
2009/11/04 14:01
>ひ
もう少し早く来てたらポイントを教えれたんやけどね。ま、またそのうち行きましょう♪
さんせつこん
2009/11/04 18:57
はじめまして、長崎県で魚突きをしているモエビと申します。いつも、楽しく拝見しております。

先週、初めてサメと遭遇しました・・・
メジロサメだとと思います。

さんせつこんさんは、サメと遭遇した時にどのような対処をされていますか?

対処法を、ご伝授願います。
モエビ
2009/11/06 16:49
ひさびさにスジアラと石鯛が食いたい〜

〉モエビさん
こんにちは♪僕もよくサメ見ますよ!
対処法は、しっかり寄せて、エラブタ撃ち抜いて、血抜きしてフカの湯ざらしで…


とまぁ…冗談ですすいません…笑


とりあえず何もしないのが一番かと♪
ぢゅん
2009/11/06 19:53
>ぢゅんさん
何もせずやり過ごすことにします。

アドバイス、ありがとうございました。
モエビ
2009/11/09 10:23
>じゅんさん
先に返信して頂いて有難うございます。
300kgクラスやっちゃう?(笑)
さんせつこん
2009/11/09 15:04
>モエビ様
こんなブログですが
いつも拝見して頂き、有難うございます♪

土日にかけて潜りに行ってたので
返信が遅くなってしまって申し訳ございません。

長崎お住まいというと
魚突きをするのに良い所にお住まいですね。
実は僕のDNAの半分は長崎産なんで
年に1度程度は帰っております(笑)
どこかで会っていたかも知れませんね♪

本題のサメについてですが
僕よりもサメの遭遇が多いじゅんさんの
ほうが良く知っていると思います。
僕も、やはり何もしないのが
ベターな方法だと思います。
あとはサメが近くにいるときは
できるだけ目を離さないように
するぐらいでしょうか。

サメのいる場所では極力潜りたくないですが、サメいるところは魚影も濃いんですよね・・。
さんせつこん
2009/11/09 15:19
>さんせつこんさん
長崎人のハーフなのですね!
長崎は、海しかないので魚突きには最高の所です。

アドバイス通り、目を離さない様にします。
お互い、怪我等に気をつけて楽しい魚突きをやりましょう!!!

ご返答ありがとうございました。
モエビ
2009/11/11 13:24
>モエビ様
最高の場所だと思ってましたが、サメもいるんですね・・。長崎でも色々とあたりをつけているポイントはあるのですがサメのことは考えてませんでした。こちらこそ参考になりました。有難うございます♪

お互い良い魚を突きましょうね!!
さんせつこん
2009/11/11 21:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
鍋、鍋、鍋 貴銛 - ANAMORI -/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる