貴銛 - ANAMORI -

アクセスカウンタ

zoom RSS スルーする?

<<   作成日時 : 2009/05/27 02:17   >>

トラックバック 0 / コメント 3

スルーするよ。
狙いの獲物以外は突きませんよ。


その結果坊主でも悪い気はしない。価値あるスルーだ。
あの状況では銛を打ち込んどけば良かっただとか、近づき方をミスったとか、後々思うことは多々あるけれど、それは次への課題だということで納得できる。逆に坊主逃れで狙い以外の獲物を獲っていたときのほうが惨めになることも・・あるとかないとか。

狙いの獲物以外は獲らないということ
 これが魚突きの最も優れた点で、環境配慮いや資源保護とでも言うべきところでしょうか。石物40cm以下はスルーだとか、今日は青物以外は突かないだとか、ま、個人の勝手な判断ですが、自分の食べたい魚だけ、突きたい魚だけを突く。しかし、釣りだとこうはいかない。針に食いつくのが狙った魚であるとは限らない。多少なりとも仕掛けや餌の工夫次第では、餌獲りや外道の釣果は減るけれど、やっぱり狙い以外の魚が釣れることが多い。そんなときはリリースといって再び海に返すが釣り針に掛かったことによって口に傷を負い、傷によっては死んでしまうこともある。リリースとは聞こえが良いが結局は持って帰っても食べないから先に海に廃棄処分するということである。こんなことをしているのに釣り人が「海が好きだ」とか「自然派です」とか言い出すとさすがに始末に終えないなと感じてしまう。
 そう、だから好かったんだあの時突かなくて。食べたいとちっとも思っていない魚を無駄に突かなくて正解だったんだ。せっかく潜りに来たのだから、何かお土産となるおかずくらいは突いて帰ろうなんて、実行しなくて本当に好かったんだ・・。





・・いや、まあ僕も釣りをするんで大きな声では言えませんが、はい。遠征して、がっつり潜ったにも係わらず、完全坊主だったんでちょっと言い訳したかっただけです、すみません(>_<)。



まあ魚突きでも、身切れや、ラインブレイクで回収できなくて無駄殺ししてしまうこともあるんで、絶対的に釣りよりも環境負荷が小さいかなんて言えないですよね。ただ、魚の味を変えてしまうほどの撒餌や防波堤の上に外道で釣れたフグを捨てて帰るなんてのはどうかと思いますが。



ってなことで久ぶりに西のポイントで潜ってました。

数年ぶりのポイントで、一発大物狙い。
狙いはスジアラ。せっかくの遠征、いつものポイントで突ける魚は全力スルーで!!
と意気揚々と乗り込んだのですが、ま、そんなわけで、2日間にかけて完全にBですよ。

エントリーポイント近くでひらひらしていた魚は全力でスルーして

画像


沖に向かって泳ぎだす。

魚影の濃いポイントを見つけ
適当に潜行するとわらわら寄ってくるイシダイにイシガキダイ・・
しかし、今日は君達に興味はない(いや、全く無いわけじゃないけど最後でいいや)なんて思いながら何度か潜行を繰り返す。透明度は少し悪いながらも水面から底にいる魚が見える。次はどこに潜行しようか・・などと考えながら、息を整えふらふら泳ぎ回るアオブダイやイシガキダイなんかを眺める。

と、なんだか変な動きをするアオブダイだな〜
と思い見ているとどうやら違う、アオブーじゃない!?

胸鰭の動かし方が違う。ブダイのように左右一緒に動かすのではなく、交互に動いている・・
70cmはゆうにあるだろうか、丸太のような太い魚体
水面からだと体色は分からないが、ハタ科にしては少し長細いその魚体・・海底から数m、壁のようにそびえるシモリから数m離れた位置でホバリングしている。


スジアラだ。
とりあえず今年の目標だ、それもかなりでかい。

まだ気付かれてはいない。
そっと水面移動し、シモリの影から潜行し、しばらく様子を見るがシモリからは少し遠い。
他に隠れる場所がなく、流れもあり、シモリからスジアラを攻めると流れと対向してしまうのでやはり厳しい。

ん〜、としばらく悩むも所詮ハタだろ、58cmのオオモンハタも50cmUPのキジハタどっちも結局はマイナス浮力で近づいて突けたじゃないか、そう思い真上から潜行することにした。


ゆっくりとダックダイブで潜行し、小さくフィンキックしながらゆっくり近づくと、
スジアラ特有の赤黒い体色に小さな斑点がはっきりと確認できた。

スジアラはこちらに気付きゆっくりと海底に下りてゆく・・
そのままシモリの付け根まで泳ぎ反転しにらめっこ状態に。

そのまま徐々に射程ギリギリまで近づき振り向くのを待つ・・
スジアラのでかい顔を見るとこのまま銛を打ち込んでも当たりそうな気がする・・

と思った瞬間、一瞬で反転し視界の外へ・・


ああ、負けた。
その後、逃げたほうを探し見つけるも勝負すらしてもらえず

あああ、完敗です。

しかし、久しぶりに熱くなれた。
魚からすると殺気むんむんなんだろうけど(笑)
なんとか自分を落ち着かせることで精一杯だった。

今年の目標はスジアラだけれど、水面から見たらコロダイみたいなスジアラじゃなく、アオブダイのような太いスジアラを目標に!!


画像




さて、ここから話は変わります。

魚突きをはじめて4年、記録を付ける意味も込めてこのブログを始めました。
が、日記として残していないことも少なからずありまして、これじゃあログにならない、そう思い今年からちゃんとログを残そうと思い、付け始めました。しかし、Pが壊れたり、ダイコンが壊れたりと水深や水温データが飛んでしまった。ええ、わずか半年ですでにデータが歯抜け状態とは・・あぁ、不可抗力であるとはいえ情けない。

とりあえず、今年現時点で一番突いてる魚は・・
やっぱりイシダイ、んで、次点は意外にもブリ。

8匹 イシダイ(最大64cm)
5匹 ブリ(最大84cm)

後の魚種は、横一線。
さてさて、今後これがどう変動するのか楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
待ってました!笑

次こそお互いリベンジで!
じゅん
2009/05/27 09:05
そのリベンジに加えてくださいっ!
もくば
2009/05/27 16:43
>じゅん氏
きっちりリベンジしましょうね!!
でも、抜け駆けするんでしょ!?(笑)

>もく氏
サメにリベンジはあかんで(笑)
でも魚影は東の方が濃いんだろうな〜
さんせつこん
2009/05/27 18:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
スルーする? 貴銛 - ANAMORI -/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる