貴銛 - ANAMORI -

アクセスカウンタ

zoom RSS うねり有り

<<   作成日時 : 2008/09/14 13:38   >>

トラックバック 0 / コメント 2

シンラコウ(13号)の動きを気にしつつ、今日も潜ってました。

やや強くうねりがあるものの透明度は◎
表層のみ薄く白濁りがでてはいるが15m下が確認できる程に良い感じ。
水温は27℃、右に漁船(途中でいなくなる)、釣り人有り


昼前にポイントに到着
ポイントの説明をし、福○さんと2人でエントリー


イシダイは50〜40台がぽつぽついる。
寄せてはみるもののこのところ獲りすぎているのでスルー
オオモンハタポイントでも、数はいるもののほとんどが40弱といったところ・・
たまに40強〜50近いのがいるがこれも敢てスルー
もう少し大きく育って貰いましょう。

回遊魚を待つもやっぱりこない。
一度だけ寄ってきた群れはネイリ(20〜30cm)くらい

そんなこんなで、プカプカ浮いているとまた何かに囲まれる。

こんにちはシイラさん。

5、6匹の小さな群れがぐるぐる回る。
散らそうと思い銛を空撃ちするが逃げない。

そこで・・・
今まで突いたことないし、たまにはこんなのも良いだろうと狙ってみる。

あっさり、捕獲成功

シイラ 未計測(50〜60cm)

画像



その後、偶然毒多さんが合流。
やいのやいのいいながら潜るも相変わらず回遊魚は期待できず
しょうがないのでいつものお土産突きに変更。

日も傾き流れも変わったせいなのか、浅場でイシダイが沸いている。
なんとも意外な場所に60cmクラスが数匹のイシダイマンションが建設されてるではないですか!
少し離れたところから寄せてみるが寄りは良くない。

どうしたものかと思いプカプカ浮いて考えながら見ていると、いつのまにか彼らは穴の中に消えてゆく・・

このポイントに来たときいつも覗く穴。
これまで、何度もイシダイを引きずり出してきた穴。
大型はいないと思ってたのに、これはこれはチャンス到来です。

息を整えすかさず穴突きの体制へ
しかし、もう夕方、日は傾き穴は真っ暗・・
何とか目を凝らし、特徴的な嘴を探す
グレを避け、コロダイを避け、嘴が見えたら撃ってみる・・


が、やっぱり出てきたのはお土産サイズ・・
トーチもなく濁った穴の中はさらに見えにくく・・
奥に逃げ込んだでっかいのはさすがにもう出てこないかと思い2匹引きずり出しここでエキジット。


イシダイ × 2 未計測

画像


大きいほうの1匹は毒多さんのパンと交換に(笑)


やっと60台に手が届くと思ったのですが次回にお預けです。
次はちゃんとライトを持っていきますかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
しいらははわいでマヒマヒっていうんだよ!

おいらは香川でヒマヒマだよ!ぎゃふん!
もくば@しいら
2008/09/15 01:28
マヒマヒの刺身は不味かったわ。

台風のおかげで潜れるのは瀬戸内だけだな〜
でもまあ、雨降ってもらわにゃ困るからしょうがないな。
さんせつこん
2008/09/15 12:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
うねり有り 貴銛 - ANAMORI -/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる