貴銛 - ANAMORI -

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり石鯛

<<   作成日時 : 2008/08/08 02:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ふふふ、平日ですが潜ってました。
ええまあ、学部生が夏休みなのでそれにあわせてだらけてます。


水不足が懸念される中、久々の雨・・・
しかし、ここしばらく晴天続きのため透明度は良好、しっかり−15mの海底が確認できるほどである。
エントリーするやいなや、足元でハマフエフキが回っている。海も夏真っ盛りといった感じ。


今回はホームポイントの左側に漁船がいたため右側を攻めることに
何度か空潜りを繰り返すとふらふらとイシダイが寄ってくる。

イシダイが欲しかったのでとりあえず近くに寄ってきた40程度を突いて殺生。


その後、何度も空潜り&寄せを繰り返す。
イシダイはいるもののあまりうまく寄せられない・・と思っているといつのまにかネイリの群れに囲まれていた。
回られたのでここで一番大きな子に狙いをつけ軽く突いたつもりが意外に押し棒だけだなくゴルフシャフトまでがっつり刺さってしまった。押し棒と先端金具をまことさんに造ってもらったのに変えてから明らかに貫通力が増したように思える。

この後、疲れてきたので一度エキジット
15分ほど休息をとった後、再びエントリー

相変わらず左側には漁船がいるのでもう一度右側に向かって泳ぎだす。


水面からイシダイの群れが見えたので寄せてみることに
海底まで12〜3m、石の上で寄せてみるも、相変わらずうまく寄せれない・・
浮上しようと思いふと後ろを振り向くと50弱ほどの大きなイシガキダイがこっちを見ている。息はもう続かないのでとりあえずプレッシャーをかけるとすぐに近くの穴に入っていった。

息を整えその穴めがけて潜ってゆく。
穴の手前で銛を構えゆっくり近づくと穴の入り口で顔だけ出してグウグウ鳴いている。

そのまま銛を向け一突き・・


しっかりと狙ったつもりだったが、引っ張り出す途中で身切れしてしまった。
何度か繰り返して穴を探したが結局そのイシガキを捕らえることはできなかった。


いつのまにか潮の流れが逆になっているのに気づく
上げ潮から下げに変わったようだ。

タイムリミットも迫っていたがどうしてももう1匹はイシダイが欲しかったので粘る。

水面からイシダイの群れが確認できる。
遠目から潜行し、何度か寄せを繰り返すがやはりうまくいかない・・
ここで、なかばやけくそ気味にポイントの真上から潜行し、そのまま群れの中心にある沈み岩の上に寝そべる形で寄せてみた。

すると、50cmオーバーの個体が1匹だけ寄ってくる。

尻尾フリフリ、がんがん寄ってくる。射程の少し手前で躊躇するそぶりを見せるもしっかり射程内。

岩の上に置いていた手銛を手に取りゆっくり引きしぼり・・・

寄せすぎた・・
またもカーボンシャフトまでがっちり貫通


気持ちも時間も切れたところでゲームセット。


画像


イシダイ54cm、40cm程度、ネイリ

イシダイはわずかに記録更新です♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっぱり石鯛 貴銛 - ANAMORI -/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる