貴銛 - ANAMORI -

アクセスカウンタ

zoom RSS 春濁り

<<   作成日時 : 2007/05/13 01:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

前日に天気予報を見るとどうやらよさそうだ。
こうして突如突行が決まった。



研究室のメンバー、SとKとの3人で車を南に走らせる。
出発間際にアクシデントがあってもう10時回っている。
高知まで日帰りで行って帰ってくるのはほぼ不可能なので今回もまた、南予で潜ることに決めた。


Kはこの地方の海は初めてなので少し案内をするがてらちょっと寄り道。

いい眺めだ。
沖には船がたくさん出ていて磯にも釣り人がちらほら・・
海面はべた凪、しかし普段よりも透明度が悪そうに見える。
やはり春濁りだろうか・・・

この展望台で軽く昼食。
もうピクニック気分だ。



その後また車を走らせポイントへ





Kは潜れないので陸でお留守番をしてもらうことに
そしてSと二人でエントリー

思ったとおり濁っている
それでも7〜8mくらいは見えているだろうか・・

しばらく泳ぐも特にこれといった魚はいないようだ・・
相変わらずアオブーが気持ちよさそうに泳いでいる。

多少流れがあるので途中で引き返す。
引き返す途中大きなクチジロを見るも少し深い
穴の中を行ったり来たりしているようだが透明度が悪いためはっきりと確認できない
がんばって何度か潜行を繰り返して穴の中を探そうとするも息が続かない

結局諦めることにした。


引き返すと潮の流が変わっておりそれが原因かどうかは分からないが魚影が増えている
まだ何も突けていないので少しあせっていた。


そしてやってしまった・・・・



30cmにも満たないイシガキダイに手をかけてしまった・・・



ああだめだ。

こんなんじゃだめだ。

と思いつつそのチビガキからチョッキ銛をはずしている途中海底にチョッキを落としてしまった。
あわてて潜行して獲りにいくとイシダイが1匹すぐそばにいる。
45〜6くらいだろうか

せめて

このサイズくらいを突くべきだよな〜なんて思っていたら彼女はすぐ近くの穴に入られた・・



ということでいったん浮上
そしてすぐにチョッキをセットして再潜行。

たしか、あの穴だったかな〜なんてゆっくり覗いてみると・・

目が合った

つぶらな瞳でじっとこっちを見ている

どうやって突こうかと一瞬迷ったけどそのまま正面から顔めがけて発射

命中。


あれ、銛が引っかかって抜けない

えい!えい!

だめだ。

いったん浮上

息を整えもう一度アタック

銛が引っかかってるところをはずし

なんとかゲット

おなかがパンパン

しかし、思ったより小さい、全長の割りに太っていたので大きく見えただけだった。

イシダイ42cm

画像


太っていると思ったが意外にさっぱりしていた。
どうやらおなかの中には卵巣がたっぷりと詰まっていたため太って見えたようだ。


なんだかんだ行ってもやっぱり磯の王様だと思う。
磯の香りが心地よく美味かった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春濁り 貴銛 - ANAMORI -/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる